宇野昌磨、あふれるスマブラ愛 強すぎて「身内でやってくれる人いない」 生配信に出演

[ 2020年6月22日 21:50 ]

宇野昌磨
Photo By スポニチ

 フィギュアスケート男子で18年平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(22=トヨタ自動車)が22日、YouTube「ケプトの定時退社」にゲスト出演した。ニンテンドースイッチ「大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL」について語るバラエティー番組。異色のコラボに宇野は「しゃべりたいことがたくさんある」と“スマブラ愛”があふれた。

 宇野は練習のない日にスマッシュブラザーズを8時間やり込む時もあり、練習がある日も5時間ほどやっているという。「僕は練習するイメージを持たれがちだけど、22歳になって練習量も減って、自由な時間が多い。睡眠3分の1、練習3分の1、ゲーム3分の1です」と明かした。

 真剣にやり込み始めて1年ほど経過したといい、その腕も上達。「友達の中では負けない。身内でやってくれる人はいないです」と苦笑いを浮かべた。その腕前をライブで披露するなど1時間40分以上もライブ出演。「楽しかったです。出られてよかった。しゃべりたいことをしゃべることができた。(ゲーム好きを)深く知らないファンの方も多かったと思いますし」と笑顔で語っていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月22日のニュース