卓球日本代表 1カ月NTC缶詰め合宿 発熱者なければ“独自”ダブルス練習検討

[ 2020年6月7日 05:30 ]

日本卓球協会の宮﨑義仁強化本部長
Photo By スポニチ

 日本卓球協会の宮崎義仁強化本部長は6日、理事会後にオンラインで取材に応じ、22日から日本代表チームの合宿をナショナルトレーニングセンター(NTC)で開始することを明かした。宮崎本部長は「19日から県境をまたいだ移動ができるので、約1カ月ほど行う」と説明した。

 新型コロナウイルス感染拡大により、国際卓球連盟からダブルス禁止のガイドラインが出ているというが、7月から独自にダブルス練習の開始を検討する。宮崎本部長は1カ月間、選手が「缶詰め状態になる」と明かした上で「10日ほど誰も発熱しなかったら(ダブルスの)練習を検討したい」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月7日のニュース