NFLグッデル・コミッショナー謝罪「この国に必要な変革の一助を担いたい」

[ 2020年6月7日 05:30 ]

 NFLのグッデル・コミッショナーは5日、「NFLがこれまで選手の声に耳を傾けなかったのは間違っていた」と謝罪する声明を発表した。

 白人警官による黒人男性暴行死事件を受け、スーパーボウルMVPのチーフスQBマホームズら18選手が4日、リーグは平和的な抗議活動を禁じてきたと主張する動画を発表。同コミッショナーは「黒人選手なくしてNFLは成り立たない。声を上げてくれた選手たちに感謝し、この国に必要な変革の一助を担いたい」と話した。この日はジャガーズの選手やマローン監督らが本拠地のフロリダ州ジャクソンビルで、競技場から保安局までを行進する抗議活動を行った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月7日のニュース