神鋼・中島イシレリ イベント封印 体のケア専念でさあ開幕5連勝だ

[ 2020年2月13日 18:14 ]

リコー戦に先発する神戸製鋼プロップ中島イシレリ(右)
Photo By スポニチ

 ラグビー・トップリーグの神戸製鋼が13日、15日のリコー戦(神戸ユニバー)へ向けて神戸市内で練習し、メンバーを発表した。

 19年W杯日本代表の中島イシレリ(30)はプロップで先発。試合がなかった前週は、イベントやテレビ出演をせずに「全部オフにした」と、体のケアに時間を使った。「僕の体をよく分かっている」という行きつけの治療院でハリ治療をし、リフレッシュ。同じポジションのベテラン平島が故障で離脱しただけに「体を張って出るしかない」と攻守で貢献することを誓った。

 3試合連続のスタメンながら、前戦はロックで先発するなど、オールラウンダーぶりが光っている。「チームのためにどこでもいけるように準備をしている」とコメントも力強い。プライベートではツイッターも始めた。インスタグラムの投稿は人気がある。それに続く多くのフォロワー数が期待されるが、「ツイッターは難しい。言葉が。スターしか入れない。DC(ダン・カーター)とか」とお手上げだとして、報道陣を笑わせた。

 練習後はカンバーランドFWコーチと長時間話し込む姿があった。スクラムについてアドバイスをされたと見られる。パワフルなFWを擁するリコーを想定した激しい練習がこの日、行われた。「Bチームがオレたちのスイッチを入れてくれた。あれだけ強いと」と仲間を称賛。得意のパワフルなアタックと、力強いスクラムでチームを5連勝に導く。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年2月13日のニュース