遼 好調維持で連覇へ「良い感覚が出ている」

[ 2016年9月14日 05:30 ]

ティーショットを放つ石川遼

ANAオープン

(9月15日 札幌GC輪厚C=7063ヤード、パー72)
 前年優勝の石川遼(24=CASIO)も18ホールを回った。朝の練習グリーンではセンターシャフトの新パターもテストしたが、ラウンドではL字マレット型のパターを使用。優勝した8月のRIZAP・KBCオーガスタでも使用したもので、「良い感覚が出ている。フェースとボールがくっつく感じ」と好調を維持しているようだった。

 今大会後は10月13日開幕の日本オープン(埼玉・狭山GC)に出場し、20日開幕のCIMBクラシック(マレーシア)で米ツアーに復帰する予定。2月に痛めた腰の状態も問題なく、「木曜日(開幕)が楽しみ」と語った。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2016年9月14日のニュース