五郎丸 レッズ選んだ理由は“家族のため”「子どもにもいい経験」

[ 2015年11月5日 13:15 ]

スーパーラグビーのレッズ加入について記者会見する五郎丸

 世界最高峰リーグ「スーパーラグビー(SR)」のレッズ(オーストラリア)に入団する日本代表FB五郎丸歩(29=ヤマハ発動機)が5日、静岡県浜松市で会見し、「新たなチャレンジ。日本のプレーヤーとして恥じないように、世界の舞台で活躍する姿を日本の皆さんに届けたい」と意気込みを語った。

 「非常に楽しみ。英語は堪能じゃないし、海外でのプレー経験もない。ゼロからのスタートだが、チャレンジが楽しみ」といつものようにクールな表情で抱負を語った五郎丸。体力面に関しても「この4年間、エディージャパンで世界一きつい練習をしてきた」と自信を見せた。

 来年からSRに参入する日本チーム「サンウルブズ」でプレーする選択肢もあったが、海外での挑戦を決めた五郎丸。サンウルブズについては「家族との時間が取れないことが選ばなかった理由のひとつ」と明かし、「(豪州へ)家族も一緒に行けますし、子どもにもいい経験になる」と家族のための決断でもあったと語った。
 
 来年2~8月に開催されるスーパーラグビーはトップリーグなど日本の大会日程と重ならず、五郎丸はヤマハ発動機に所属したままプレーする。

 ◆五郎丸 歩(ごろうまる・あゆむ)1986年(昭61)3月1日、福岡県福岡市生まれの29歳。3歳からラグビーを始め、佐賀工高では3年連続全国大会に出場。早大では3度の大学日本一、08年4月にヤマハ発動機入り。代表初キャップは05年4月16日のウルグアイ戦。先のW杯では全4試合に先発し、チーム最多の58得点を挙げ、マン・オブ・ザ・マッチに2度輝いた。日本代表通算57キャップ、同711得点は歴代最多。1メートル85、99キロ。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年11月5日のニュース