豪栄道の送迎担当 稽古中に自宅侵入、高級腕時計盗む

[ 2013年4月24日 06:00 ]

 大相撲の関脇・豪栄道の高級腕時計(300万円相当)を盗んだとして、警視庁竹の塚署が窃盗などの疑いで、知人の元運転手柳沼克実容疑者(38)=埼玉県草加市=を逮捕していたことが23日、同署への取材で分かった。

 同署などによると、柳沼容疑者は豪栄道の送迎を担当。豪栄道の稽古時間を把握しており、留守中を狙ったとみられる。豪栄道は自宅に鍵をかけていなかったという。深夜、飲食を終えた後に電話で呼び出されることが多かったようで、「夜中に車を使われるのが嫌だった。困らせてやりたかった」などと容疑を認めているという。

 逮捕容疑は2月20日午前8時ごろ、東京都足立区の豪栄道の自宅に忍び込み、腕時計を盗んだ疑い。

 腕時計がなくなったことに気付いた豪栄道が、柳沼容疑者に行方を知らないか尋ねると、紛失から2日後の同月22日に腕時計が自宅ポストに戻されていた。同署が周囲の防犯カメラの映像から柳沼容疑者を特定した。

 力士が自家用車で移動する場合、マネジャーや後援者、家族が運転するケースが多い。ただ、三役クラスになると「個人的に運転手を雇うケースがある」(相撲関係者)そうで、柳沼容疑者の場合は豪栄道がほかの力士数人と共同で契約していたという。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年4月24日のニュース