遼 プロゴルファー猿もびっくり“大技”水切りショット

[ 2013年4月19日 20:30 ]

第1ラウンド、6番でティーショットの行方を見つめる石川遼

 米男子ゴルフのヘリテージは18日、米サウスカロライナ州ヒルトンヘッドアイランドのハーバータウン・リンクス(パー71)で第1ラウンドを行い、68で回った石川遼は首位と3打差の7位と好発進した。

 石川が実戦ではまれな“水切りショット”を成功させた。

 パー5の15番で第2打を左へ曲げて池のさらに外側へ。池に向かって下る斜面に止まり「球を上げることはできなかった。池に落としたくなかったし、最悪あるかなと思った」とボールを水面で弾ませる“大技”を敢行。第3打は3度ほど水の上を跳ね、見事に対岸まで届いた。

 マスターズの練習ラウンドなどでは名物となっているが、実戦で試みる機会はほとんどない。ここはボギーだったが、気を良くしたのか続く2ホールでバーディーを奪って持ち直した。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年4月19日のニュース