J1鹿島が初のスマートフォンアプリを提供

[ 2021年4月27日 14:58 ]

 J1鹿島は27日、クラブ初となるスマートフォンアプリの提供を開始することを発表した。

 クラブ創設30周年を迎え、事業環境の変化や多様化するユーザーのニーズに応えていくための新サービスとなる。試合に関する情報やチケット・グッズなどの最新情報を受け取ることができ、試合のチケットの購入も可能だ。

 また、「JリーグID」所有者は、各種プレゼント企画への応募も可能となる。さらに、鹿島アントラーズ公式ファンクラブメンバー(SOCIO、シーズンチケット、フリークス、ジュニアメンバー)は、会報誌「FREAKS」をアプリ内で閲覧することができる。

 なお、本サービスはクラブパートナーである株式会社ヤプリが提供する、スマートフォンアプリの開発・運用・分析をノーコード(プログラミング不要)で実現するアプリプラットフォーム「Yappli(ヤプリ)」を用いたものとなる。

 本アプリは今後も順次、機能を追加予定。位置情報機能を活用した、ホームタウン・鹿行地域の来訪者への限定特典の付与や、スタジアムでのグッズ・飲食の事前購入、限定のグッズ販売といった、アプリならではの新たな体験を提供していく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年4月27日のニュース