来季終了後のJ1、J2降格は「4枠」 J2、J3の昇格は「2枠」 21、22年はVAR導入も決定

[ 2020年11月17日 18:40 ]

理事会後にオンラインで記者会見するJリーグの村井満チェアマン=17日
Photo By 共同

 Jリーグは17日、理事会を開催し、来季終了後の昇降格枠について、昇格はJ2、J3とも「2枠」。降格はJ1、J2とも「4枠」とすることを承認した。新型コロナ禍の影響で今季は「降格なし」としたため、来季はJ1が20クラブでの開催となり、22年から従来の18クラブに戻る見込み。また21年は、カテゴリー間の入れ替え戦は開催せず、22年から降格枠も従来の「2・5枠」に戻す方針となった。

 今季はシーズン途中で見送られたビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)は21、22年シーズンに再導入することも決定。J1全試合、スーパー杯、ルヴァン杯のプライムステージで導入される予定。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2020年11月17日のニュース