内田篤人さん 第2の人生満喫中 愛娘に言われた「ととがサッカーおしまいでうれしい」

[ 2020年10月16日 17:53 ]

内田篤人氏
Photo By スポニチ

 8月に現役引退したサッカー元日本代表DF内田篤人さん(32)が16日、静岡朝日テレビの「とびっきり!しずおか」に生出演した。

 現役引退後の生活については「もう少しサッカーに戻りたいかなと思ったが、今の生活が楽しい。好きな時間に好きなものを食べられる」と、第二の人生を満喫している様子。引退会見では今やりたいことを問われ、「子どもの幼稚園のお迎え」と話していたが、「送り迎えに行ける日は行くようにしている。とても楽しい。娘は“とと(お父さん)がサッカーおしまいでうれしい”と言ってくれた」と明かした。

 9月には日本サッカー協会の新役職「ロールモデルコーチ」に就任し、U―19日本代表合宿に参加するなど、指導者としての道を歩み始めている。指導してみたいチームを問われると、「大学でも、高校でもどこでもいいなら監督はやってみたい。やるからには練習から組み立てたい」と意欲を示し、「高校サッカーをはじめ、静岡のサッカーは常に見ている。僕に教えられることがあれば、何か協力できることはしたい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2020年10月16日のニュース