柏の今井 練習中に負傷し救急車で緊急搬送 脳振とうと診断、経過観察

[ 2018年7月20日 20:20 ]

 J1柏レイソルの練習場が騒然となった。DF今井智基(27)が20日の練習中に負傷し、救急車で緊急搬送された。診断は脳振とう。今後は経過観察となる。

 ゲーム形式のトレーニングをしている最中にマークしていた選手の肩が顎に当たり、倒れた。その後のスタッフの対応が迅速だった。意識を失っていたため心臓発作の可能性も想定し、すぐにAED(自動体外式除細動器)の準備。心電図を自動解析した結果、電気ショックは必要なかった。しかし呼吸が乱れていたため、予備的に心臓マッサージを行った。もちろん平行して救急車を手配しており、グラウンド脇まで誘導した。

 今井は救急車の到着時までに意識を回復し、自分の名前も言えたという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年7月20日のニュース