川崎F長谷川が決めた同点ゴールのノーゴールは誤審 協会審判委が結論

[ 2018年4月19日 18:37 ]

 日本サッカー協会の審判委員会は19日、J1第5節の川崎F―広島(3月31日・等々力)で、終了間際に川崎Fの長谷川が決めた同点ゴールがオフサイドの判定でノーゴールとなり、取り消された件を誤審と結論づけた。判定は覆らない。

 当該のプレーについては、試合後のクラブと審判員側の意見交換会でも誤審と認めていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年4月19日のニュース