横浜 中沢 J1史上4番目の年長弾!「良いボールが来た 合わせる方が最低限シュートを打たないと」

[ 2018年4月9日 05:30 ]

明治安田生命J1第6節   横浜1-1川崎F ( 2018年4月8日    日産ス )

試合終了後、横浜・中沢(右)と健闘を称えあう川崎F・斎藤(左)
Photo By スポニチ

 横浜は主将が窮地を救った。

 先制を許した直後の後半16分。右CKに合わせたのはDF中沢だ。ニアに飛び込み頭で叩くと、シュートは相手DFに当たってコースが変わり、ネットに突き刺さった。頭での得点は16年10月の鳥栖戦以来2シーズンぶりで、J1では史上4番目の年長ゴール。

 「良いボールが来たので、合わせる方が最低限シュートを打たないと。入って良かった」と振り返った。次節は中2日での首位・広島戦。「流れを読みながらうまくコントロールできたら」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2018年4月9日のニュース