PR:

ハリル監督電撃解任 後任は西野朗氏 田嶋会長が緊急会見で正式発表

西野朗氏
Photo By スポニチ

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)は9日午後、緊急会見を開き、6月14日開幕のW杯ロシア大会に出場する日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)の解任を正式発表した。W杯出場決定後の監督交代は、日本サッカー史上初。後任にはG大阪などで監督を務め、現日本協会技術委員長の西野朗氏(63)が就任。西野氏は96年にアトランタ五輪代表監督としてブラジル代表から大金星を挙げ「マイアミの奇跡」を起こした。

 田嶋氏は、後任監督に西野氏を起用理由について「W杯まで、あと2カ月しかない。内部でこのチームを見てきた人にお願いした」と説明。また、ハリル氏の解任理由については「マリ戦、ウクライナ戦の試合の期間、選手とのコミュニケーションや信頼関係が薄れたこともあり、総合的に評価して、この結果になった」と話した。

 ハリルホジッチ監督は2015年3月に就任。昨年8月31日にはW杯アジア最終予選オーストラリア戦でW杯出場権を獲得したが、その後低迷。欧州組を招集した試合は1勝1分け4敗で、3月のベルギー遠征ではマリに引き分け、ウクライナには完敗した。W杯に出場しないチームを相手に内容の乏しい試合をしたことから本大会への不安が増していた。

 ハリルホジッチ監督にはコートジボワールを率いた10年にW杯南アフリカ大会開幕まで3カ月余りの時期に解任された過去があり、自身2度目の悲劇となった。

[ 2018年4月9日 16:01 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:11月13日08時〜09時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      ACL

      海外サッカー

      コラム