G大阪・アデミウソン復帰「15戦勝ち星なし」止める 7日ルヴァン杯・広島戦

[ 2018年3月6日 15:11 ]

 G大阪のFWアデミウソン(24)が7日のルヴァン杯・広島戦(パナスタ)で約6カ月ぶりに戦列復帰することが5日、決定的となった。大雨の影響で室内トレーニングのみで終えたこの日、アデミウソンは「体力的には100%ではないけど、試合には出場したい」と気合十分。開幕2連敗スタートとなったチームの救世主になる意気込みを示した。

 グロインペイン症候群を患い、昨年9月9日のリーグ・神戸戦が最後の出場。アデミウソンの不在とともにチームも下降線をたどり、現在も継続中の公式戦15試合連続の勝ち星なし。「5試合勝ちなしでもあってはならない。今は15試合か…」。戦力になれない歯がゆい思いを抱えてきた。

 スタンドから見ていて感じたこともある。「あまり言いたくないんだが」と前置きしつつ「スピリットの問題なのかな、と。得点を取られても盛り返す気持ち。1点を守ろうという気持ち。メンバーはいるんだ。大事なのは、技術も戦力でもない。気持ちだよ」。戦う姿勢を訴えた。

 前日4日のG大阪ユースとの練習試合では45分間出場。1得点も挙げた。広島戦はスタメンか途中出場かはギリギリまで見極めることになるが、ブラジル代表のアンダー世代で背番号10を背負った助っ人が、悪い流れを断ち切る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2018年3月6日のニュース