清武、冷静に追加点 杉本と激突、負傷交代も「全然、大丈夫」

[ 2018年2月11日 05:30 ]

富士ゼロックス・スーパー杯   C大阪3―2川崎F ( 2018年2月10日    埼玉スタジアム )

<富士ゼロックス杯 川崎F・C大阪>後半3分、ゴールを決め喜ぶC大阪・清武(左)
Photo By スポニチ

 C大阪は左MFで先発した日本代表MF清武が貴重な追加点。後半3分に杉本が頭で落としたボールをゴール前に運び、相手GKとの1対1を冷静に決めた。

 同16分にはパス交換の際に杉本と激突し、首や右脇腹を強打。タンカで運ばれ負傷交代したものの、試合後は「全然、大丈夫です。良いスタートを切ることができて良かった」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「マラドーナ」特集記事

2018年2月11日のニュース