鈴木 憧れCロナとユニ交換成功「夢のようだった」

[ 2016年12月19日 05:30 ]

クラブW杯決勝   鹿島2―4Rマドリード ( 2016年12月18日    横浜国際 )

<鹿島・Rマドリード>試合後、C・ロナウド(右から2人目)にユニホームをねだる鈴木(右)
Photo By スポニチ

 後半43分からピッチに立ったFW鈴木は、宣言通り憧れのC・ロナウドとのユニホーム交換に成功した。

 「1分、2分で仕事ができるのは凄い」と敵のエースの働きに感嘆。自身は延長前半11分にバー直撃のヘディングシュートを放つも決めきれず「決めたら違った展開になっていた」と悔やんだ。「メンタルなど全ての質を上げていかないと(Rマドリードに)追いつかない。今大会は素晴らしい経験をさせてもらって夢のようだった」と振り返っていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2016年12月19日のニュース