Jトライアウト2日目 元甲府40歳盛田高さをアピール

[ 2016年12月10日 05:30 ]

アップを行う(左から)盛田剛平、斉藤大介、三鬼海
Photo By スポニチ

 日本プロサッカー選手会は、千葉市内でJリーグのクラブから戦力外通告を受けた選手などを対象としたトライアウトの2日目を行った。

 最終日のこの日は50選手が参加。今季限りで甲府を退団したFW盛田剛平(40)は得意のヘディングなど高さをアピール。「ポジションは前でも後ろでもいい。自分から引退することはない」と語った。U―19タイ代表FWパソ(17=チョンブリ)は前線でボールを収め、質の高いプレーを披露。J3鹿児島の三浦監督は「興味がある。1月のキャンプに呼びたい」と練習参加要請する方針を示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2016年12月10日のニュース