日本がB組1位で準決へ

[ 2013年1月24日 14:37 ]

 ビーチサッカーのワールドカップ(W杯)アジア予選は23日、ドーハで4組に分かれた1次リーグを行い、B組の日本はレバノンを6―5で下し、1試合を残して2連勝の勝ち点6で同組1位が確定し、各組1位による準決勝進出を決めた。3位までがW杯(9月・タヒチ)の出場権を得る。

 勝ち点3の2位がレバノンで、勝ち点で並んだ場合は当該対戦成績によるため、日本の1位通過が決まった。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年1月24日のニュース