酒井高徳 長友に挑戦状!「できることなら左で勝負したい」

[ 2012年12月30日 11:56 ]

スポニチのインタビューに応える酒井高徳

 J1新潟からドイツ・シュツットガルトへ期限付き移籍したDF酒井高徳(21)が一時帰国。スポニチのインタビューに応じ、日本代表ではDF長友佑都(26=インテル・ミラノ)がいる左サイドバックで勝負する意欲を示した。

 今年9月6日のキリンチャレンジ・UAE戦の後半34分から途中出場し、A代表デビューを果たした酒井。「行けるなら行きたいし、常に招集されるようになりたい。試合に出たいので競争の部分に力を入れていきたい」と来年への意欲を語った。

 ポジションについては「できることなら左で勝負したい」。ライバルは強豪インテルの主力で「世界一のサイドバック」を目標に掲げる長友になるが、「佑都君(長友)という偉大な存在がいるわけで、佑都君みたいに仕掛けないと、と思うし、見習うべきことはいっぱいある。見習いながら自分のいいところを出したい。相当厳しいけど挑戦していきたい」と挑戦状を叩きつけた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年12月30日のニュース