長友 新布陣3バック導入で中盤でプレーも

[ 2012年9月26日 06:00 ]

 インテル・ミラノの日本代表DF長友佑都が新布陣の中盤でプレーする可能性が出てきた。

 26日のキエーボ戦に向けた25日の会見で、ストラマッチョーニ監督は「攻撃時に後ろが空くのがウチの問題。アイデアを温めている」と3バック導入を示唆。ガゼッタ・デロ・スポルト紙は「長友らは守備よりも攻撃に特性を持つサイドバック。3バック(のサイドハーフ)で起用した方が攻撃に専念できて良いのでは」と報じた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年9月26日のニュース