若手育成のJサテライトリーグ 今季中にも復活か?

[ 2012年2月10日 06:00 ]

 若手育成を主とするJサテライトリーグが、今季中にも復活する可能性が浮上した。9日に東京・本郷のJFAハウスで技術委員会などが行われ、関係者によると、同リーグの再開を要望する声が多く上がったという。

 同リーグは92年にスタート。東西などのグループに分け、Jリーグと並行する形で行われていた。だが、Jリーグの土日分散開催の影響などもあって日程調整が困難となり、09年には全日程を消化せずに打ち切り。景気低迷も相まって、そのまま廃止となっていた。

 だが、サテライトリーグ廃止によって若手が実戦形式の試合に出場する機会が激減。各年代の代表が所属クラブで公式戦に出場できないという状況に陥った。U―23日本代表が5日のロンドン五輪アジア最終予選のシリア戦に敗れ、五輪出場に黄色信号がともったことも、危機感を募らせる要因になったようだ。概要については今後、各クラブと協議を重ねて詰めていく方針。また、委員会ではリーグ開催時期を現行の春秋制から秋春制へ移行するか否かについても話し合われたという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年2月10日のニュース