敵地で大勝のG大阪 遠藤欠いても5―0

[ 2011年10月22日 18:42 ]

山形―G大阪 前半、先制ゴールを決めた二川(10)に駆け寄り喜ぶG大阪イレブン

J1第30節第1日 G大阪5-0山形

(10月22日 NDスタ)
 遠藤をへんとう炎で欠いたG大阪が、敵地で5―0の快勝。前節、2位に後退した流れも断ち切り「久しぶりにすかっとした試合。悪いところを探すのが難しい」と西野監督。前半30分に二川が「自分の前にスペースがあった」と金承龍のパスにFWのような鋭さで飛び出し、GKとの1対1を制し先制。その後も司令塔としてゴールラッシュを演出した。「ヤットさん(遠藤)がいなくても成立することを見せられた」と武井。次節は二川を累積警告で欠くが、また別のヒーローを生みそうなたくましさがG大阪にはある。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年10月22日のニュース