鉄人・伊東 前人未到のJ1通算500試合出場

[ 2011年7月17日 06:00 ]

<甲府・G大阪>通算500試合出場の甲府・伊東はJリーグ・大東チェアマンから記念のプレートを贈られる

J1第5節第1日 甲府4―3G大阪

(7月16日 中銀スタ)
 甲府の鉄人、MF伊東輝悦(36)がG大阪戦に先発し、前人未到のJ1通算500試合出場を果たした。

 試合後は「節目の試合。G大阪から勝ち点3が取れたことが何よりうれしい」とかみ締めた。清水時代の94年6月のG大阪戦でデビュー。昨季終了後に18年間在籍した清水から戦力外通告を受けたが、新天地で偉業を成し遂げた。

 試合も大記録に花を添えるような4―3の逆転勝利。敵将は96年アトランタ五輪を一緒に戦い「マイアミの奇跡」を演じた西野監督だった。その敵将からも「感慨深いね。あの頃から鉄人と形容してもいい選手だった。試合前、“通過点だよな”と言ったら笑ってたよ」と祝福された。伊東は最後に大記録を大好きな登山に例えた。「そんなに先は長くない。もう頂上は近いけど、やれるところまでやりたい」。まだまだ歩みを止めるつもりはない。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年7月17日のニュース