イタリア八百長問題 デロッシ関与の可能性

[ 2011年6月4日 06:00 ]

 イタリアの八百長問題でローマの同国代表MFダニエレ・デロッシ(27)に関与の可能性が出てきたと複数の地元紙が3日付で報じた。

 3部クレモネーゼ在籍時の容疑で逮捕されたGKパオローニの電話が盗聴され、ローマ下部組織で友人だったデロッシが浮上。デロッシは出場停止だったが、ローマが3―0から敗れた2月20日のジェノア戦が捜査対象になっているという。担当検事は3日にデロッシ捜査を否定も、騒動拡大で予断を許さない状況が続いている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年6月4日のニュース