藤井正弘の血統トピック

【皐月賞】レッドベルオーブ コントレイルと同じ“3冠配合”

[ 2021年4月14日 05:30 ]

 ディープインパクト産駒の皐月賞制覇は5年前、8番人気で優勝した第6世代ディーマジェスティが初めてだった。それまでは苦手意識も感じられた牡馬第1冠だが、翌17年も9番人気アルアインが制し、昨年はコントレイルが3冠を予感させる決定力で1番人気に応えた。直近5年で3勝の実績は高配当連発の穴属性を含め、大混戦となった今年のメンバーを絞り込むには十分といえる。

 前記3頭の共通項は明快で、皐月賞以前に重賞を勝っていたこと。それを踏まえるとデイリー杯2歳Sの覇者レッドべルオーブが最有力ということになる。同馬は母の父がコントレイルと同じアンブライドルズソング。さらにコントレイルの3代母の父ストームキャットを祖母の父に装備しており、構成血脈は最新の皐月賞馬と極めて近い。初距離、初コースも血統的には克服可能だろう。

 ディープインパクト×アンブライドルズソングの組み合わせは他にも朝日杯フューチュリティSのダノンプラチナ、本馬と同じくデイリー杯2歳Sを制した全兄レッドベルジュールと、JRA出走21頭中4頭が重賞ウイナーに上り詰めている強力なニックス。ちなみに“同配合連覇”には黄金配合とされた「ステイゴールド×メジロマックイーン」の11年オルフェーヴル、12年ゴールドシップの先例もある。大駆けを警戒しておきたい。(サラブレッド血統センター)

続きを表示

バックナンバー

もっと見る