【宝塚記念】オーナー喜び爆発!G1初Vブローザホーンに更なる期待「今後は海外も…」

[ 2024年6月24日 05:27 ]

<京都11R・宝塚記念>口取りに納まるブローザホーンと菅原明良騎手と関係者ら(撮影 中辻 颯太)
Photo By スポニチ

 オーナーブリーダーである岡田牧雄氏(72)は喜びを爆発させた。

 「とにかくうれしいね。馬場がどうかと思ったが、よく頑張ってくれた。パドックでは体の張りが凄く良く見えた。体が小さく器用だから、坂の下りもうまく走ってくれた」と笑顔を見せた。

 オーナーとしては14年スプリンターズS(スノードラゴン)以来、2度目のJRA・G1制覇。生産牧場の岡田スタツドは22年タイトルホルダー以来、2度目の宝塚記念制覇でJRA・G1は通算6勝目。

 「今後は(選択肢として)海外もあるが、年内は国内でいいと思う。奥手なので、まだ伸びしろがある」とさらなる活躍を期待していた。

続きを表示

この記事のフォト

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月24日のニュース