ガールズケイリン選手がアフレコ挑戦 荒川ひかりヤジに挑戦「ファンの方は本当に情熱的なんだなと」

[ 2024年6月24日 18:10 ]

アフレコに挑戦した小林莉子(左)と荒川ひかり(C)RINKAI League Committee
Photo By 提供写真

 人気ガールズケイリン選手の小林莉子(31=東京・102期)と荒川ひかり(29=茨城・110期)が女子競輪を題材にしたアニメ「リンカイ!」(TOKYO MX、BSフジで放送中)で声優を務めることになり、都内スタジオでアフレコに臨んだ。

 アフレコ初挑戦を終えてガールズグランプリの初代覇者・小林は「難しかった。声優さんの凄さが本当に良く分かりました。レースよりも断然、緊張した」と苦笑い。人気投票で常に上位に入り、ドリームレースを走ったこともある荒川も「アニメが好きなので、あの世界に入れるのはうれしかったが、大丈夫かなという緊張があった。自分の声を聞いてみると、棒読みな感じが凄かった」と苦戦した様子だった。

 2人は6月25日放送の最終回で競輪場にいるファンの声を務める。普段は逆の立場なだけに荒川は「ヤジに挑戦したが、“もっと怒るように”と言われた。ファンの方はいつも本当に情熱的なんだなと思いました」と新たな気づきがあった様子。1期生としてガールズケイリンを引っ張ってきた小林は「ケイリンのアニメができて本当にうれしい。アニメを入り口に競輪を知ってもらえれば。そして競輪場に足を運んでもらい、聖地巡礼もしてほしい」と願った。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月24日のニュース