【平和島ボート 第24回夕刊フジ杯】金田諭 ダービー出場権獲得に弾みをつける

[ 2024年6月24日 19:59 ]

シリーズ最多の4勝を挙げて優勝戦に駒を進めた金田諭
Photo By スポニチ

 <平和島25日12R優勝戦>金田諭(45=埼玉)が予選を3位で通過し、優勝戦進出を果たした。

 24日の予選最終日は4Rで3コースから艇間を割って快勝。続く10Rは6コースから5着に終わったものの、シリーズ最多となる4勝をマークする活躍で優勝戦の3号艇を手に入れた。

 「ターン回りは悪くない。伸びは自分よりいい人がいる。戸田ダービーの勝率も懸かっているので、最近はスタートも行っている。1走1走、悔いのないように走っている。」。地元の戸田で10月に開催されるSGダービーは7月末で選考期間を終える。現在、出場圏内にいるだけに気合も十分だ。

 25日は12R優勝戦に3号艇で登場。平和島は16優出5Vの得意水面。今年初Vを飾り、ダービー出場権獲得に弾みをつける。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月24日のニュース