ばんえい4歳3冠1冠目の柏林賞はタカラキングダムがV

[ 2024年6月24日 19:23 ]

柏林賞を制し重賞3勝目を飾ったタカラキングダム(ばんえい十勝提供)
Photo By 提供写真

 ばんえい競馬4歳重賞3冠路線の1冠目「第18回柏林賞」(BG3)は23日、帯広で行われた。昨年のばんえいダービー馬タカラキングダム(牡4=村上慎)が差し切ってV。通算成績は38戦13勝で重賞は3勝目。騎乗した金田利貴騎手は「第二障害に向かうにつれて馬がしっかりと前向きになっていくのを感じて、いい状態だと思いました。障害を下りてからも頑張って歩いてくれました。常に世代で上位争いをしてくれる馬なので2冠目、3冠目を目指したいです」と喜びを語った。

 一方、管理する村上慎一調教師は「いいイメージでレースを見ることができました。2冠目に向けても前向きに取り組んでいきたいと思います。これからも伸びていく馬だと思っていますので応援よろしくお願いします」とコメントした。

 2冠目となる銀河賞は9月22日に開催される。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月24日のニュース