【宝塚記念】ミスターX ドウデュース本命!秋春グランプリ連覇へ

[ 2024年6月23日 05:30 ]

ミスターX
Photo By スポニチ

 上半期を締めくくるG1「第65回宝塚記念」は18年ぶりに京都で開催される。前回、淀で施行された06年と同じ13頭立て。フルゲート割れで争われる春のグランプリとなったが、豪華な顔ぶれが集結した。

 歴代最多となる23万8367票を獲得し、ファン投票1位に選出されたドウデュースに◎を託す。今年初戦となったドバイターフは後方寄りの位置を追走。終始、窮屈な競馬を強いられながら、前が開くと力強い末脚で5着まで追い上げた。今回はキャリア14戦目にして初めての京都だが、国内外で培った豊富な経験からコース替わりへの不安はない。早くから春の最大目標をここに定め、栗東帰厩後も順調に調教を消化してきた。

 圧巻は1週前のCWコース。武豊を背に6F79秒8~1F10秒8の超抜時計を刻み、僚馬を瞬時に突き放した。昨年の有馬記念に続く、秋春グランプリ連覇へ、仕上がりに抜かりなし。馬連(4)から(1)、(2)、(3)、(7)、(10)、(12)。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月23日のニュース