【マーメイドS】ミッキーゴージャス逆襲態勢整った!安田翔師「コンディションは良さそう」

[ 2024年6月13日 05:23 ]

坂路で追い切るミッキーゴージャス(撮影・亀井直樹)
Photo By スポニチ

 ジンクスを打ち破ってみせる。マーメイドSはトップハンデが過去10年未勝利と苦戦。ミッキーゴージャスには56・5キロと重い重量が科された。最終追いは坂路単走でしまいを伸ばし4F57秒5~1F12秒4。1週前のCWコースでは6F79秒7~1F11秒6の猛時計、中間の気配は文句なし。安田翔師は「坂路で残り300メートルから加速させる感じ。全体は抑えて、ラストだけ伸ばしました。コンディションは良さそうです」と満足げな表情を浮かべた。

 前走の大阪杯は一線級の牡馬が相手で転厩初戦。個性を把握する意味でも難しさがあった。指揮官は「調教の良さがレースで出せずに終わった。走る方に気持ちを持っていけなかった」と振り返る。度外視してもいいか。今回はある程度手の内に入れて2戦目。「ハンデに見合うレースをお見せできれば」と若きダービートレーナーは歯切れのいい言葉で締めくくった。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月13日のニュース