【からつボート スポーツニッポン杯最終日】12R優勝戦 吉村正明がスタート決めて一気に逃げる

[ 2024年5月29日 04:30 ]

今年2回目の優勝に王手をかけた吉村正明
Photo By スポニチ

 進入は枠なり3対3を想定する。ほぼ完璧なレース運びをしている吉村正明(44=山口)の中心は揺るがない。スタートもつかめているという。1周1マークで決着をつける可能性は、かなり高い。

 地元の森永淳(43=佐賀)が差して迫るか。握る東本勝利(44=三重)もレース足はいい。豊田健士郎(28=三重)はカドからスタートに集中する。

 <1>吉村正明 ピット離れと出足はいいと思う。伸びはたぶん普通だけど行き足がいい分、カバーできる。微調整で。スタートはだいたいつかめている。今年の優勝は大村の1回(2月5日の一般戦)です。

 <2>森永淳 全く押していない。前に進んでいないし、乗れないし、全く曲がれなかった。5連勝していた時も別に足でいいところはなかった。ペラが換わる前の方が断然良かった。

 <3>東本勝利 安定板が付いて多少重たいけど、その分やっぱり乗り心地もよかった。力強い感じはある。出足、伸びとも◎まではいかないけど、両方とも○よりは上と思います。

 <4>豊田健士郎 ターン回りに関しては合わせられている。ターン回り中心に上位はあると思います。凄く良かったドリームの行き足から伸びを求めて調整しようと思います。

 <5>中村尊 結構回転を上げてスタート特訓に行ったら、直線からめちゃくちゃ空回りしていたので回転を抑えたら、乗り心地や回り足はグリップしていた。

 <6>四宮与寛 伸びはいいと思う。準優とかに入ったら一緒くらいだけど、ちょっと後伸びかな。ターン回りも悪くはない。伸びは◎つけてもいいかな。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年5月29日のニュース