【大井3R】真島大輔師が初勝利!元大井騎手「全馬が無事にレースに迎えることが一番」

[ 2024年4月23日 16:49 ]

JRA戸崎圭太騎手(左)に祝福される真島大輔調教師
Photo By スポニチ

 元騎手で今年4月に厩舎を開業した真島大輔師(40=大井)が23日、大井3Rをヴェッターホルンで制し初勝利。22日の初出走から通算3戦目だった。真島師は「無事に上がってきてくれてホッとしている。全馬が無事にレースに迎えることが一番。そこからきっちり仕上げてレースに勝てるように頑張っていきたい」と決意を新たにした。元大井競馬の騎手で、現在JRAで活躍する戸崎圭太騎手も応援に駆けつけ、真島師は「騎手だった時から仲良くさせてもらっている。ありがたいですね」と感謝した。

 真島師は01年10月大井競馬場の騎手としてデビュー。17年11月のJBCレディスクラシックをララベルで制すなど、地方通算2476勝を挙げる活躍をした。

続きを表示

「2024 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月23日のニュース