【西武園競輪 開設74周年記念G3ゴールド・ウイング賞 最終日】12R 地元勢5車結束で平原Vへ

[ 2024年4月23日 04:30 ]

復活Vを決めたい平原
Photo By スポニチ

 令和6年能登半島地震復興支援競輪、大阪・関西万博協賛、西武園競輪開設74周年記念G3「ゴールド・ウイング賞」は23日に最終日を迎え、第12Rで決勝戦(優勝賞金522万円)が行われる。地元勢5人の結束で平原康多の抜け出しに期待したが深谷知広、真杉匠の実力者で熱戦が繰り広げられる。

【12R】地元勢5車結束で平原V

 地元勢は黒沢―森田―平原―武藤―一戸で結束、別線は真杉―坂井の栃木勢、深谷―稲川のライン構成になる。積極的に出るのは黒沢が濃厚。森田が別線の深谷と真杉の巻き返しを警戒して番手から捲り、平原が差す展開とみた。深谷で逆転(2)(5)、(2)(1)に注。

 (1)平原康多 初日と2日目はスカスカしたが、準決勝は踏み応えがあった。軽く踏んでも伸びた。地元5人で話して3番手。
 (2)深谷知広 踏むところでしっかり踏めた。あそこからは自分の距離。自力。
 (3)真杉匠 新車はちょっとずつ良くなっていると感じる。もう少し煮詰めたい。自力勝負。
 (4)森田優弥 出切ってからいい感じに回せて踏み直せた。黒沢さんの後ろ。
 (5)稲川翔 あのピッチでは引けない。最後は脚が残ってなかった。深谷君へ。
 (6)一戸康宏 記念決勝は初めて。地元5番手。
 (7)武藤龍生 踏み出しで口が開いてしまった。決勝はより集中して。自分のわがままで地元4番手。
 (8)黒沢征治 深谷さんが強くて差しにも行けず…。地元の先頭で自力。
 (9)坂井洋 真杉君の踏み直しが良かった。思ったよりも直線が短かった。(3)。

続きを表示

「2024 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2024年4月23日のニュース