×

【オークス】放馬サウンドビバーチェは「顔部挫創」 グレード制導入後最長の15分発走遅延で地上波まさか

[ 2022年5月22日 17:40 ]

G1・オークス ( 2022年5月22日    東京競馬場 芝2400メートル )

<オークス>スタート前に放馬してしまったサウンドビバーチェ

 サウンドビバーチェ(高柳大)はスタート地点で他馬に蹴られて放馬。左回りのコースを逆走する形でしばらくターフを駆けた。係員につかまった後の馬体検査の結果、「顔部挫創」で競走除外となった。

 この放馬の影響で、午後3時40分発走の予定が、84年のグレード制導入後では最長になる15分の発走遅延となり、午後3時55分にスタート。そのためカンテレの競馬番組「競馬BEAT」(日曜後3・00)では、レース中にCMが入るまさかの事態となった。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2022年5月22日のニュース