×

コパノキッキング引退 菜七子に重賞勝利&G1舞台「思い入れ強い」

[ 2022年5月20日 05:00 ]

19年の交流G2東京盃をコパノキッキングで制し、馬上で笑顔がはじける藤田菜七子
Photo By スポニチ

 2月26日のリヤドダートスプリント4着後、ドバイで右前種子骨を骨折したコパノキッキング(セン7=村山、父スプリングアトラスト)の引退が19日、決まった。村山師が「骨がつくまでに2年はかかる見込みで復帰の確率は低いとのこと。オーナーと協議して引退することになりました」と説明した。

 G1に初挑戦した19年フェブラリーSは藤田菜七子とのコンビで5着。「菜七子と出た時には注目されてありがたかった。19年JBCスプリントは2着で人馬ともに勝たせてあげたかった」と振り返った。Dr.コパこと小林祥晃オーナーは自身のツイッターで「たくさん楽しませてくれました。ケガを治してから、ゆっくり暮らしてもらいます」とねぎらった。今後は輸入検疫、着地検査を終えた後、乗馬になる予定。通算25戦10勝(うち海外3戦1勝)。18年カペラS、19年根岸S、東京盃、カペラS、21年リヤドダートスプリントを制した。

 ▼藤田菜七子(19年東京盃、カペラSの重賞2勝を含む9戦で騎乗)重賞を勝たせてもらった馬ですし、G1という大きな舞台にも連れて行ってくれました。思い入れの強い馬で寂しい気持ちもあります。凄くいい馬でしたし、いろんなことを教えてもらいました。キッキングとコパさん、村山先生をはじめ関係者に感謝したいです。

続きを表示

「札幌記念」特集記事

「北九州記念」特集記事

2022年5月20日のニュース