×

【静岡・ヤングGP】北は高橋が前 山口、伊藤、寺崎はそれぞれ単騎

[ 2021年12月28日 05:30 ]

ヤンググランプリの出場9選手(右から)山口、小原、坂井、高橋、町田、石原、佐々木、伊藤、寺崎(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 9人全員が自力型のヤンググランプリの並びが決まった。北日本勢は昨年の平塚では小原―高橋の並びだったが、今年は逆になって高橋が前で自力、小原が高橋にマークする。坂井、佐々木の関東勢も話し合いの結果、坂井が前で自力、佐々木が番手を回る。佐々木は「番手戦はこれまでも何度か経験がある」と話した。町田、石原の中四国コンビは町田が前で自力、石原が番手を回る。「普段から仲がいい石原さんが後ろに付いてくれることになった」と町田は説明した。残る山口、伊藤、寺崎はそれぞれ単騎戦を選択した。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2021年12月28日のニュース