×

【ジャパンC】ジャパン、ブルームともに体調良好 ダートコースで調整進む

[ 2021年11月23日 05:30 ]

 千葉県白井の競馬学校に滞在中のジャパン、ブルームのA・オブライエン厩舎2頭はダートコースで軽めのキャンター1400メートル、インターバルを入れて強め(1F15~18秒程度)のキャンター1400メートルと精力的にメニューをこなした。キーティング助手は「ともによく食べ、馬房でもリラックスして体調はばっちり。ゲート試験(合格)の内容も良かった」と語った。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2021年11月23日のニュース