×

【天皇賞・秋】トーセンスーリヤ リズム確かめ万全、横山和「動きは本当に良かった」

[ 2021年10月28日 05:30 ]

ウッドチップコースで追い切るトーセンスーリヤ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 トーセンスーリヤは主戦・横山和を背にWコースで単走。ゆったりと入り、3角すぎから徐々に加速。直線では鞍上のゴーサインに反応して鋭く脚を伸ばし、5F66秒8~1F11秒3をマークした。横山和は「動きは本当に良かった。リズムを確かめて、ラスト100メートルだけ反応を見た。いつもの感じだった」と笑顔。夏場も使われてきただけに反動が心配されたが、不安を一掃する動きだった。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2021年10月28日のニュース