【エプソムC】サトノフラッグ距離短縮で新味2着 戸崎「今後につながる」

[ 2021年6月14日 05:30 ]

<エプソムC>2着でレースを終えたサトノフラッグ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 6番人気サトノフラッグが復調を示す2着。中団後ろで脚をため、直線は馬群を突いて勝ち馬に迫った。戸崎は「距離を短くして新味が出た。今後につながるレースだった」と収穫を強調。国枝師は「歯がゆいレースが続いていたが、弥生賞以来のいい走り。1800~2000メートルでしまいを生かす形が合っているのかな。今後は馬の様子を見て決めます」と同馬の適性を見いだした様子だった。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年6月14日のニュース