【函館スプリントS】戦い終えて

[ 2021年6月14日 05:30 ]

 ▼4着ジョーアラビカ(横山和)やったと思った。ギュンと切れるイメージではなかったのでトモがハマるまで待った。よく走っているし次が楽しみです。

 ▼5着カツジ(池添兼師)最後にいい脚で伸びていたし、これなら洋芝も1200メートルも良さそう。

 ▼6着ケープコッド(吉田隼)前より気持ちが後ろ向き。少しゲートを嫌がったり、その分でゴーサインを出してから間があった。もったいなかったです。

 ▼7着マイネルアルケミー(黛)もう一列前で運びたかった。初めての重賞で周りが速かったけど、最後はジリジリと脚を使ってくれました。

 ▼8着コントラチェック(丸山)楽に折り合いがついたが、本当はもっと行きっぷりがいい馬なんだけど。もう少し距離があっていいのかも。

 ▼9着シゲルピンクルビー(泉谷)ゲートで挟まれて位置取りが後ろに。僕の判断ミスもあった。申し訳ないです。

 ▼11着アスタールビー(池添)ハナを切った馬の後ろでいい感じだった。最後はいっぱいに。

続きを表示

「アイビスサマーダッシュ」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年6月14日のニュース