【G2川口記念】黒川京介 勝負駆け成功し上げ潮ムード

[ 2021年5月29日 05:30 ]

勝負駆けを成功させた黒川京介
Photo By スポニチ

 地元のホープ、黒川京介が厳しい勝負駆けをクリアした。3日目8Rは20線先行から追い上げて、先頭の山際真介をゴール寸前で差し切る会心のレース。勝負を分けたのはスタートだった。最重ハンデは4車並びで黒川は7枠。1つ外は佐藤摩弥で「浜松でも行かれたので気合が入りました」。この日の午前中、自慢のヘアスタイルにバリカンを入れて“カツ”を注入したのも効果てきめんだった。ここ最近は地元の消音マフラーを苦手としていたものの、「全然良くなっていますね。ドドド(不整振動)はほぼないところまできました」と願ったりかなったりの上げ潮ムード。「あとはS集中!!」。3月のG1、4月のSGに続く地元グレードレース優出はノルマだ。

続きを表示

「エプソムC」特集記事

「函館スプリントS」特集記事

2021年5月29日のニュース