【京王杯SC】ミッキーブリランテ 重賞初制覇へ好調、陣営「ここで獲りたい」

[ 2021年5月12日 05:30 ]

坂路でキャンター調整するミッキーブリランテ
Photo By 提供写真

 ミッキーブリランテは1F延長で重賞初制覇を目指す。前走・高松宮記念はスタートで後手に回ったものの直線は差を詰めて勝ち馬(ダノンスマッシュ)からコンマ6秒差の10着。貝沢厩務員は「G1であの着差なら上出来。レース後のダメージは少なかったし、今回もいい状態で臨めます」と好調をアピールする。

 芝1400メートルは2走前の阪急杯で2着と好走した。キャリア23戦目で初の東京遠征。「左回りや輸送は大丈夫なので対応してくれるはず。ここで重賞を獲りたい」と力を込めた。

続きを表示

「2021 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年5月12日のニュース