【ヴィクトリアM】出走予定馬ひと言

[ 2021年5月10日 05:30 ]

 ▼アフランシール(西塚助手)中2週になるが順調。前走は落ち着きがあって新潟外回りにも対応してくれた。

 ▼イベリス(角田師)1週前はサッとやって、いい動き。前走は後ろを離そうとしたがついて来られてきつかった。離し加減で逃げる競馬ができれば。

 ▼クリスティ(斎藤)いい状態をキープ。長く脚を使えるタイプ。単騎で逃げるのが理想。

 ▼サウンドキアラ(安達師)1週前はしっかり負荷をかけた。前走後は放牧に出し、いい雰囲気で帰厩。昨年2着の出来に近い。

 ▼シゲルピンクダイヤ(渡辺師)馬は変わらず元気。前走(7着)はジリジリながらも伸びている。休み明けを考えれば悲観する内容ではなかった。

 ▼スマイルカナ(高橋祥師)やれば動くのでタイムは出る。見た目はいいが、まだ中身がしっかりしてこない。つくり込んだ体ではなく、まだ緩い感じ。

 ▼ダノンファンタジー(藤岡佑)1週前はしまいを伸ばす感じで最後まで余力十分。いい動きだった。マイルに延びる分がどうか。

 ▼ディアンドル(奥村豊師)前走から間隔が詰まっているので微調整。落ち着きがあるし、いい意味で変わらない。

 ▼デゼル(友道師)1週前の動きは凄かった。春はここを目標に調整を進めてきた。いい雰囲気で臨めそう。

 ▼テルツェット(和田正師)気持ちが入って、いい動き。体に張りがあり、前走の疲れも残っていない。

 ▼プールヴィル(庄野師)1週前は負荷をかけた。反応は良かったし、前走から上積みを感じる。実績のある左回りはいい。

 ▼マルターズディオサ(手塚師)前週(4月28日)に併せ馬でしっかりやった。動きはいい。気持ちのバランスに気をつけないといけないので当週は単走でサラッとやるつもり。

 ▼ランブリングアレー(友道師)前走のダメージは少なかったし、いつものパターンで調整できている。以前と比べて精神的に安定感が出てきた。

 ▼リアアメリア(片山助手)前走でもこの馬なりに脚は使っている。前が止まらない流れの中、瞬発力勝負では厳しかった。

 ▼レッドベルディエス(鹿戸師)放牧を挟み、体が戻って帰ってきたので加減せず稽古をやれている。

続きを表示

「2021 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年5月10日のニュース