【NHKマイルC】ソングライン 3角ロス響き鼻差2着、池添悔し最後「苦しくなった」

[ 2021年5月10日 05:30 ]

<NHKマイルカップ>2着に終わったソングライン(右)。左は1着のシュネルマイスター(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 桜花賞15着からの超下克上を目指した7番人気ソングラインだったが、夢はわずかな差でこぼれ落ちた。

 1番人気グレナディアガーズをかわし、残り200メートルでいったんは先頭。だが、残り100メートルを切って馬が苦しくなってモタれた。そこを勝ち馬に突かれた。写真判定。悔やみきれない鼻差2着だった。

 池添は「いいポジションを取れたが3角で外に振られるロスがあった。それ以外はスムーズ。いったんは抜け出したが…。左手前に戻してから苦しくなった」。桜花賞で不利を受けて大敗した馬を継続騎乗で銀メダルへと導いた力はさすがだった。林師は「騎手が素晴らしい騎乗をしてくださって感謝。負けたことは残念ですがワクワクさせてくれて、これだけのパフォーマンスを見せてくれた」と冷静に語った。

続きを表示

「2021 宝塚記念」特集記事

「今週の丸山元気!」特集記事

2021年5月10日のニュース