【天皇賞・春】ディバインフォース 盾男・武豊と初コンビ、寺島師「イメージしやすい」

[ 2021年4月28日 05:30 ]

<天皇賞・春>坂路を駆け上がるディバインフォース(撮影・亀井 直樹)
Photo By スポニチ

 サンシャインS3着から格上挑戦で参戦するディバインフォースの鞍上が武豊に決まった。武豊は3月20日の負傷(ゲート内で騎乗馬が暴れて右足甲を骨折)による休養を経て今週復帰。寺島師は「このタイミングで乗ってもらえて良かったです。レースぶりも決まった感じなのでイメージしやすい」と4連覇を含めて天皇賞・春で最多8勝をマークしている平成の盾男に期待を寄せる。現状、条件クラスの身ながら一昨年の菊花賞(武豊がワールドプレミア騎乗で勝利)で4着に入った実績あり。楽しみな初コンビ結成だ。

続きを表示

「2021 ヴィクトリアM」特集記事

「京王杯SC」特集記事

2021年4月28日のニュース