【中山記念】傾向と対策

[ 2021年2月28日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆人気 1~3番人気が3勝ずつを挙げ、人気サイドが優勢。連対率トップは50%の2番人気。

 ☆年齢 4歳【5・3・5・15】、5歳【4・3・1・20】、6歳【1・3・2・22】、7歳以上【0・1・2・29】。若い馬ほど活躍している。

 ☆前走の格 G1【6・5・4・24】、G2【0・0・3・16】、G3【3・3・2・22】、オープン特別【0・1・0・16】。勢いより格を重視したい。

 結論 ◎バビット ○ケイデンスコール ▲ヒシイグアス

続きを表示

「2021 桜花賞」特集記事

「ニュージーランドT」特集記事

2021年2月28日のニュース