【中山新馬戦】1番人気オセアジャスティス逃げ切りV! 鞍上ルメールも高評価

[ 2021年1月24日 05:30 ]

 中山6R新馬戦(ダート1800メートル)は1番人気オセアジャスティス(牡=加藤征、父マクフィ)が逃げ切った。前半1000メートル67秒6のスローに落とし、直線では後続に並ばれてからもうひと伸び。勝負根性を見せた。ルメールは「道中物見をしていて併せた方が集中するタイプ。まだまだこれから良くなる馬」と評価。加藤征師は「競馬を覚えてもっと良くなる余地がある」と、ゆっくり成長を促す方針を明かした。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年1月24日のニュース